Firefoxのキャッシュ保存場所を変更する

ブラウザを快適に使用するためにキャッシュの管理は大切です。ページを読み込むたびにディスクアクセスが頻繁に発生しているなどはストレスの原因ですので、今回はキャシュの保存先をRAMディスクに変更します。

InternetExplorerですと[インターネットオプション]→[全般]タブ→閲覧の履歴[設定]にフォルダーの移動という項目があり、ここで保存先を変更できます。Firefoxの場合オプション内などには設定できる項目はないのですが、ちゃんと変更できますので説明していきます。

・Firefoxのアドレス欄にabout:configと入力してエンター。
 [最新の注意を払って使用する]をクリック
aboutconfig.png

・ずらりと並んだ設定のどれでもいいので任意の場所で右クリック。[新規作成]から[文字列]をクリック。
キャッシュ変更.png

・[新しい文字列の設定名]にbrowser.cache.disk.parent_directoryと入力して[OK]をクリック。
キャッシュ設定名.png

・[文字列を入力してください]にあらかじめ作った任意のドライブ及びフォルダを入力して[OK]をクリック。(今回はRAMディスクで新規にF:\ドライブを作成してTEMPという名のフォルダを使っています)
キャッシュ保存場所.png

・これで新規に設定項目が作成されているはずです。
キャッシュ設定追加.png

・いったんFirefoxを再起動してください。設定が反映されているか確認するには、アドレス欄にabout:cacheと入力してエンター。Storage disk locationに設定したフォルダが表示されていたら成功です。指定フォルダの下にCache2フォルダが自動で作成されます。
キャッシュ確認.png

今回使用したRAMディスクですが、フリーソフトや制限付きながら無償のメーカー製などいろいろあります。Windowsが使用できるRAM容量が減少するといったデメリットはあるものの、ブラウザキャッシュに充てると動作が快適になるのでメリットも大きいと思います。いまWindows10にいろいろテストしてますが機会があれば紹介させてもらいます。



ニュースPickUp
Windows 10プレビュー「Build 10565」のISO公開――7/8/8.1のキーでアクティベーション可能 - ITmedia PC USER
先日こちらでも紹介したBuiild10565のISO配布が開始したようです。てか開始してないのに気づいていませんでした(汗
当時はアップデートのみだったのですね。

この記事へのコメント