[Windows10]ストアのアプリ更新を自動にする

Windows8/8.1をスキップしてWindows7からWindows10にアップデートした自分にとって「ストア」は馴染みのないものなのです。

久しぶりにストアを起動してみると何やらダウンロードマークと数字があるのに気が付きました。
ストア更新あり.png

これをクリックしてみるとズラズラーッと更新のあるアプリ一覧が
store.png

ストアでダウンロードしたゲームやアプリはもちろんですが、普段使用しているWindows10をインストールした時点で標準のアプリも含まれているのですね。Windows7時代はストアはなくWindows Updateや個別にインストールしたものを更新するだけだったので、ストアから更新するという習慣をつけなくてはいけないと思いました。

ですが、これではメンドウな面もあるのでちょっと調べるてみると、ちゃんと自動更新というものがあるのですね。

・検索欄の左横の[アカウントアイコン]をクリックして[設定]をクリック
ストア設定.png

・「アプリ更新」の「アプリを自動的に更新」スイッチを[オン]に変更
ストアアプリ更新.png

これでアプリの更新があればバックグラウンドで自動で行ってくれるようです。いま現在更新一覧にあるものもオンにしておけば勝手に更新していってくれます。

Windows8/8.1を使っていた方には当たり前の作業だったかもしれませんが、Windows7からWindows10にした自分には新しい作業だったので記事にしてみました。同じような環境の方はチェックしてみてください。

余談ですがこの更新って履歴は見れないものなのですかね。手動だとどのアプリが更新できるかまではわかりますけどそれだけだし、自動だと全くわからないのもなんだか気持ち悪い気が・・・。このへんはAndroidとかを見習ってほしい。

本日の気になった記事:2015/11/04

「Firefox 42」正式版リリース、トラッキング保護を実装でプライバシー機能が強化 - GIGAZINE:
プライベート機能の強化などとともに以前紹介したタブ毎のミュート機能が実装されました。


1人で75TBもアップロードしたユーザーのせいでOneDriveの容量無制限が廃止、無料で使える容量も減少に - GIGAZINE:
75TBってどういうことなの!? OneDriveは自分も使用しているのですが、スマホからカメラロールが便利だったのに容量が減ったあとどうなることやら。

この記事へのコメント