Firefoxのプロファイルを「FEBE」アドオンを使って一括バックアップする

Firefoxにはプロファイルと呼ばれるユーザー情報を格納したフォルダが存在します。中にはブックマークやCookie,サイト設定,パスワードなどFirefoxのほぼすべての設定が入っています。ですのでこれをバックアップしておけば万が一の場合でも、プロファイルを復元することにより元の環境を取り戻すことが出来ます。
しかしプロファイルフォルダはユーザーフォルダ下のAppDataフォルダ(隠し)の中で階層も深いですし、いちいち開いてコピーするのも手間なのでFEBEというFirefoxアドオンを使って手軽にバックアップを行いましょう。

今回はプロファイルをまるごとOneDriveに保存する設定を行います。

・Firefoxの右上のメニューボタン[≡]をクリックしてアドオンをクリック
addonopen.png

・アドオンマネージャが開いたら[アドオン入手]画面で右上の検索欄にFEBEと入力してエンター(「表示」が「利用可能なアドオン」になっているか確認)
 FEBE右の[インストール]をクリック
FEBEinst1.png

・インストールが完了したら[今すぐ再起動]をクリックしてFirefoxを再起動する
FEBEinst2.png

・アドオンマネージャの[拡張機能]画面でインストールされたFEBEの[設定]をクリック

・「What to backup」のBuckup typeタブにて「プロファイルのバックアップ」のラジオボタンをオンにする
FEBEoption1.png

・「Where to backup」のバックアップの保存先で[参照]をクリックして任意の保存フォルダを指定する
 今回はOneDriveにfirefoxbackupフォルダをあらかじめ作成してあります
 「フォルダの名前にタイムスタンプを使用」にチェックを入れておくとわかりやすくなると思います
FEBEoption2.png

・定期的にバックアップさせたいときは「When to backup」でスケジュールを設定する
FEBEoption3.png
・設定が終わったら右下の[OK]をクリック

・ツールバーのFEBEアイコンをクリックするか右のプルダウンメニューからバックアップを選択すると即バックアップを開始します
FEBErun.png
FEBE1.png
※アイコンが表示されていない場合はメニューボタン[≡]からカスタマイズをクリックして「追加のツールと機能」にあるFEBEのアイコンをドラッグアンドドロップで任意の場所に表示させてください。

・バックアップが完了すると「FEBEの結果レポート」が表示されます
FEBEreport.png


今回はプロファイルをまるごとバックアップしましたが「What to backup」でSelectiveにすると、個別のアイテムごとにバックアップしてくれるので、復元時に選択できるようになります。ブックマークだけ復元したい時などはこちらの方が便利かも。
バックアップの保存先は物理的なドライブの故障に備えて同一ドライブは避け、クラウドストレージや別ドライブに保存するのがいいと思います。





この記事へのコメント